低インシュリンダイエットは糖尿病以外も有効!カロリミット活用法

低インシュリンダイエットとは、血糖値を食べる食品によってコントロールするダイエットです。ダイエットの観点から「血糖値が高くならないように」というフレーズは良く聞かれますが、血糖値が高くなるとダイエットにどのような影響があるかはご存知でしょうか?脂肪細胞が増加する原因となっているのが、すい臓という臓器から分泌されるインシュリンというホルモンです。
MENU

低インシュリンダイエットは糖尿病以外も有効!カロリミット活用法

あなたは、「低インシュリンダイエット」ってご存知ですか?

 

インシュリンと聞くと、糖尿病の方に向けたものだと考えがちですが、実は私たちにとっても有効なダイエットなのです。
今回はそんな低インシュリンダイエットについてお話しします。

 

低インシュリンダイエットとは

低インシュリンダイエットとは、血糖値を食べる食品によってコントロールするダイエットです。
ダイエットの観点から「血糖値が高くならないように」というフレーズは良く聞かれますが、血糖値が高くなるとダイエットにどのような影響があるかはご存知でしょうか?
脂肪細胞が増加する原因となっているのが、すい臓という臓器から分泌されるインシュリンというホルモンです。

 

このインシュリンは血糖値の高さに応じて分泌量が決まります。
インシュリンが過剰に分泌されるということは、血糖値の急上昇が原因です。
逆に、血糖値がゆるやかになれば、インシュリンの過剰分泌も抑えられ、血糖が血液や肝臓、筋肉に分け与えられて脂肪となることはほとんどありません。
この血糖値を上手くコントロールすることが、脂肪になるかならないかの大きな分かれ道なのです。

 

血糖値を上手くコントロールするには

血糖値を上手くコントロールするには、食べる量とその種類が重要になります。
食べる量はもちろん多いと血糖の上昇を招きます。腹八分目に抑えることが大切です。
そして食品の種類を見極めるときに使われるのが、食品の『GI値』と言われるものです。
このGI値は食後の血糖値の上昇速度を数値化したものです。

 

数値が低いほど、急激な血糖上昇は起こりにくく太りにくい食品というわけです。
GI値が高いものは、白米や麺類などの炭水化物、砂糖を使ったお菓子類などです。
かといって炭水化物を全く食べないのはお勧めできません。

 

基本的に精製された白いものはGI値が高い傾向にあるため、白米よりは繊維を含む玄米に、うどんよりはそばに、小麦粉よりは全粒粉粉などに変えてみるのも良いでしょう。
フルーツも種類によってGI値が異なります。
りんご、みかんなどのかんきつ類は比較的GI値は低めですが、バナナ、パイナップルなどはGI値が高いため注意が必要です。
肉・魚類のGI値は低めなので、適量食べる分には問題ありません。野菜も繊維が豊富なものであれば、血糖の上昇を緩やかにしてくれるのでお勧めです。

 

またしっかりとよく噛んで食べることも低インシュリンダイエットの基本となります。
よく噛んで食べることで、血糖値の上昇を抑えることが出来るからです。
1口20回以上は噛んで食べることができると良いですね。
ダイエットの基本はバランスの取れた3食の食事からですが、その内容にも意識して取り組むことができれば、より効果的にダイエットをすすめることが出来ますね。

このページの先頭へ